本文へスキップ

羽生市の不動産情報 住宅・マンション・土地のご相談は潟Aイホームへ

電話でのお問い合わせは048-562-5540

〒348-0071 埼玉県羽生市南羽生3丁目10-18

銀行ローンを利用するための注意点detail

金利はとても低く、利用しやすくなっています

各項目

年収 各銀行は概ね300万円を収入の最低線にしています。
300万円以下でも承認される可能性はありますが、独身。
雇用形態  原則は正社員
(契約社員でも可能性はないわけではない)
派遣社員の場合は努めている企業の内容次第。
(派遣会社が東京証券取引所一部上場企業等の場合)
収入合算 年収不足の場合、ご夫婦の年収を合算する事が可能です。
ただし、一般的に奥様の収入は年収の半分として
合算される場合が多いので、正確な収入合算額は不明です
(各銀行で多少異なる)
(合算は夫婦ともに会社員の場合であり、
奥様がパート、アルバイトの場合は合算そのものが難しい)
 年収比率 年間の銀行の支払額を年収で割ったもの。
各銀行ともに30%から35%が多い。
見込み金利「審査で想定する金利」は毎月
変動しますが、3.5%から4.0%の間で変化している。
(年収比率計算の試算のときに銀行が利用する借り入れ金利)
「0.8%や1.0%など」で計算すると間違うので注意。

●試算・借入額/1800万円 期間/35年 見込み金利/3.5% 年収/300万円
 
 月々74,394円×12ヶ月=892,716(借入額1800万円の年間支払額
 ・例・金利は3.5%「見込み金利」で計算)
 892,716÷300万円(税込年収)=0.297(29.7%)
 →年収比率は30%以内に収まっています
 
 実際の借入金利は、保証料を金利上乗せタイプにした場合に、
 0.825%(埼玉りそな銀行例・0.625%+0.2%)
 現実の月々の支払いは 49,357円 (期間35年・ボーナス払いなし)
ボーナス
払い
借入額の50%まで可能。
このごろはボーナス払いを
利用する方はあまりいない。
 勤続年数  各銀行、概ね勤続1年以上
できれば昨年度の源泉が丸々1年が望ましい
他の
ローン
他に車のローンなどがあった場合は月々の支払額を
住宅ローンの支払額に合算して、年収比率を計算される、
その場合、
1.年収がとても多い場合は承認
2.車のローンを抹消することで承認、のどちらかになる。
 近年の
注意事項
スマホや携帯電話の支払い、月々の引き落としが遅れたり、
届こった場合、これが原因で審査未承認になることが
増えています
カード
ローン
銀行の住宅ローンの事前審査では本人のもっている
カードなどの枚数や、限度額や、月々の借り入れ内容や支払内容
など、ほとんどの情報が出てきます。
本人が隠していても全部出てきます
あまり多い場合は、これらを事前に整理してください
とくに枚数が多い場合は1枚か2枚にしてください
※カードの借入限度額は本人が借り入れしていなくても、
 限度額いっぱいまで利用しているものとして、審査をします
 つまり、すぐに現金化できるカード
 は利用しているものとして審査されます
 事前審査
 本審査
1.事前審査・・・個人情報や物件の確認の審査が中心になります。
 (ほとんどの審査は事前審査の段階で終わっています)
2.本審査・・・書類の原本の確認や本人確認が中心になります。
※ほとんどの場合、提出書類や内容に間違いがなければ、
 事前審査が承認されたら、引っ越しの準備を始めても構いません